オーストラリアにワーキングホリデーで行って学んだこと

私は過去に1年間程ワーキングホリデーを利用してオーストラリアに滞在していた経験があります。それまでは一度も海外に出たことがなかった私が何故、海外に出てみようと思ったかという理由は「人と話すことがとても苦手」という理由からです。人と話していると異常なほどに汗が顔から出てきてしまうのです。それほど人と話すのが苦手でした。そんな自分を変えたいと強く思い、自分を変えられる環境を探しているとやはり海外だと思ったのでワーキングホリデーで海外に行くことにしました。

実際に海外で働きだした私は正直なところ、最初は周りに一切馴染むことができなくて、もう日本に早く帰りたいという気持ちでした。しかし働いている先のパーティーがあり、全員参加システムだったのでそれに嫌々参加しました。その時に私は異文化の素晴らしさを理解しました。私は緊張していて何も話さずいると横のオーストラリ人の方が「Hey! Where are you from?」とラフな感じで話しかけてきてくれて、私が「Japan」と言うと、日本についてたくさんの質問をその方をはじめ色んな方が質問をしてくれました。私は英語が喋れずにしどろもどろで話していたのですが、みんな必死に私のつたない英語を聞いてくれていました。私はその時に伝えることの大切さと、自分が話している時にしっかりと聞こうとしてくれるという嬉しさを感じました。そこから私は色んな人に私とはこういう人間なんだと表現することを心がけて色んな方にお話を積極的にしました。そしてしっかりと相手のことも聞くようにしました。あの時のフランクに話しかけてくれた方のおかげで私は変わることができました。その経験が後押しして様々なことに積極的に取り組むことができるようにもなりました。